ロールキャベツの作るのに、コクが出て断然おすすめなのは、圧力鍋か普通の鍋か。

ロールキャベツって、具を混ぜ、巻いて、煮るという作業がありますよね。

結構、手間がかかる料理です。

だからか、手間分だけ美味しく作りたい、という気持ちはいつもより大きくなってしまう。

時短で圧力鍋か、いつもの鍋でコトコト煮込むか、どちらで作りますか?

レシピは色々あるけれど、調理に使う鍋で味が変わります

高い鍋かどうかは問題ではなく、圧力鍋を使うかいつもの鍋か。

スポンサーサイト

圧力鍋は時短には最適だが、コトコト煮込んだ時間には敵わない

今回、夫の実家に持って行くついでに自宅用にも、と多めに作ってみたら、1つの鍋に入らず、圧力鍋といつもの鍋の両方で作ることになりました。

今までは、どちらかでしか作ることが無く、同時に食べ比べをしなかったので気付きませんでしたが、味があまりに違ってビックリでした(゚Д゚)

ロールキャベツ

この2つのロールキャベツは、圧力鍋といつもの鍋で作った物を1つずつ盛り付けました。

どっちがどっちか分かりますか?

ロールキャベツ文字入り

大きさは、具の量の違いなので、見た目はあまり大差無いように見えます。

若干、圧力鍋の方のキャベツはしっかりしていて、いつもの鍋の方がしんなりしているかな、位です。

ですが、

味の染み込み方が全く違いました

もちろん、圧力鍋で作ったのも美味しいです。

これだけ出されたら、美味しく食べます。

同時に食べ比べをしたから、違いが分かりました。

いつもの鍋で40分間コトコト煮込んだロールキャベツは、肉や玉ねぎの具の奥の奥まで、スープの味が染み染みでした(^^)

時間をかけて、じっくりこっくり作った、とろける美味しさ。

同じレシピで作った時の、ロールキャベツのコクの出し方

それは、コトコト40分煮込む事でした。

時間には適わない。

夫も断然、コトコト鍋派。

夫の実家に持って行って、帰宅後に夕食に出して食べ比べをし、衝撃を受けました。

なぜって、夫の実家には圧力鍋の方を持参したから・・・

こんなに味に差があるとは、想像もしていませんでした。

何なら、圧力鍋の方が、箸で食べられる位、軟らかくなって食べやすいと思って、いつも作っていた方を持って行ったのです。

何ということ!

普通に鍋で作った方を持って行けば良かった。

ちなみに、いつもの鍋で作ったロールキャベツも箸で切れる位、軟らかく煮込めていました。

40分も煮込めば、ナイフは不要

美味しさは、格段の差

圧力鍋のメリットは、時短にあるので、時間が無い時は、今後もこちらを使うでしょう。

時間が無い時に、ロールキャベツを作ろうと思うかどうかは、さておき。

余った残りスープは、トマトリゾットにして、最後まで美味しく食べ切る

ロールキャベツを作った後の美味しさの詰まった、汁の残り。

全部使い切りたいので、翌日はトマトリゾットにしています。

具もちょっと増やす位で簡単に。

トマトリゾットの具

エビ、刻んだ玉ねぎ、冷凍むき枝豆、パセリ

エビと玉ねぎに火が通った後に、ご飯を入れて、最後にとろけるチーズ(写真に撮ってなかった)とパセリで完成です。

米から作らないので、雑炊のようですが。

具の中身は、ブロッコリーや海鮮ミックスなど、家にある物で良いので、少し入れるだけで、残り感が無くなります。

ご飯を入れた後、粉チーズを少し加えると味が濃くなって美味しいですよ。

らいすでした。

スポンサーサイト
ロールキャベツ
最新情報をチェックしよう!