溜まっていく本の断捨離。手元に残す本、手放す本の判断は、1つだけ。

本は、知らないうちに家に溜まっていきます。

頻繁に本を買わない人でも、いつの間にか本棚には、いくつもの本が並んでいたりするものです。

本棚がいっぱいになり、新しい収納家具を増やと、今度は部屋を圧迫することに。

大容量の収納家具は、置くだけで場所を取るので、部屋が狭くなってしまいます。

私もたくさん本を溜め込んでいました。

本棚には本が溢れ、でもこれ以上本棚を増やせないと思った時に、断捨離を始めました。

まず、手元に残す本と手放す本の選別から入りました。

その判断材料は、ただ1つだけです。

スポンサーサイト

断捨離のやり方。残す本と手放す本を決めた後に、捨てるか売るか

本を断捨離する時の判断方法。

それは、その本を読み返したかどうか。これだけです。

本棚に置いたままの本を、何度読み返したか?

1度読んだきり、本棚に眠ったままになっている本もたくさんあったりします。

古本

そのような本は、これから先も読み返すことは、ほぼありません。

私がそうでした。

5年に1度、10年に1度に読み返す、と言うのであれば、図書館で借りればいいのです。

本棚に残す本は、何度も読み返す本のみ。

思い入れがあって手放せない本は、1~2冊だけ残してオッケーとしました。

目指すのは、ミニマリストではなく、シンプルで心地良く暮らせる空間作りなので、機械的に手放さなくていい。

そんなモットーの元、進めています。

もちろん、思い入れがある本だらけでは、困るので厳選します。

選別が出来たら、次は手放し方です。

私もそうですが、せっかく買った本を捨ててしまうのは、勿体なくて、ついついそのまま持っていたくなります。

いつか読むかもしれないから、と。

読まないだろうと、わかっていても。

そんな時は、フリマアプリや古本買取り業者へ、売りに出すという手があります。

マーカーなど、中に書き込みがない事が大前提になるので、中身の確認が必要になります。

捨てるのではなく、誰か必要とされる人の手に渡るかもしれない、と思えると、手放す踏ん切りがつきやすいです。

フリマアプリで売れるのは、新しい本や話題性のある本がほとんどです。

私も全巻揃ったマンガや比較的新しい本などは、フリマアプリを利用しました。
児童本なども売れやすいです。

資格や受験の参考書系で、合格した人が使ったマーカーのあるものは、どこを覚えたのか気になるものなので、売れることもあります。

後は、売れたとしても長期戦になるので、ずっと本棚に残ったままになる可能性が高い。

そんな時、手っ取り早いのは、古本買取り業者に出すことです。

古い本でも需要がある本なら、買い取ってもらえますし、値が付かない本を処分してくれるところもあります。

買取価格は、二束三文な場合が多いですが、一度手を離れたら、案外諦めがつくし、1度に大量に片付くメリットがあります。

私は、フリマアプリで売れないような物は、まとめてネットの買取り業者に出しました。

古本買取に出す

売らなくても、寄贈する、という手もあります。

近所の図書館でも受付をしている場合があるので、ホームページなどで調べてみるといいです。
私が利用する図書館では、寄贈する方が持参しているのを見たことがあります。

寄贈する場合でも、需要のない本は持ち帰りになるかと思いますので、注意が必要ですが。

売れない本や残った本は、全部捨てます。

需要がないのです。諦めも肝心です。

私の本棚にあった大半の本も捨てました。紐で結んだ本の束が、大量に出ました。

でも、淀んだ空気が流れ出したかのように、スッキリしましたよ。

関連記事

ミニマリストの方々の食器の数を拝見すると、超厳選されていて、無駄がなく、本当に凄いなぁと感心します。 真似てみた所で、できないのは分かっていて・・・ それでも、何かゴチャゴチャした食器棚の中を、すっきりさせたい。 ミニマムライフ[…]

食器の断捨離
関連記事

常々、思っていたこと。 お箸を統一したい。 交換時にも頂き物の新しいストックがあったりで、ずっと出来なかったお箸の統一。 やっと解決しました。 ご飯の用意をする時、お箸の色・柄を合わせて選ぶのが、地味に面倒だったのですよね。 使えるしもった[…]

カトラリー

読み返さない本がないか、定期的に本棚を確認する

一度スッキリさせた本棚も、その後放っておくと、また溢れだしてきます。

最後にするのは、「半年に1度」「1年に1度」など、決めて定期的に本棚を確認することが大切です。

そして、やることは一緒。

その本を読み返したかどうか、で判断していく。

定期的にすると、溢れかえる前にできるので楽です。

また、溜まってきたら、やろうと思います。

らいすでした。

スポンサーサイト
古本
最新情報をチェックしよう!