幼児が大切に使う、100均キラキラシールでデコった世界で1つだけの櫛。

女の子ってキラキラが大好きです。

キラキラしたおもちゃのアクセサリーや、キラキラビーズで作ったブレスレット。
目を輝かせて宝物のように扱っています。

髪の毛だって、毎日可愛く結ぶことが必然で・・・不器用な私はちょっと大変(^_^;)

「櫛もキラキラにしてみる?」と聞くと、俄然乗り気になったので、娘専用の櫛をデコることにしました。

作ったのは、娘が幼稚園の頃なので、前の話にはなるのですが、今も大切に使っているのを見て、「1つの物を大切に使うこと」を自然と学べているのではないか、と思います。

関連記事

絵本の読み聞かせの効果は、良いことばかりですよね。 私も小1の娘に、読み聞かせを続けています。 1番の目的は、本好きになって欲しいから。 私自身、父に読み聞かせをしてもらって育ち、本好きになり、学校の図書室からたくさん借りて読ん[…]

図書館
関連記事

子供の好き嫌いは、お母さんの悩みの種でもあります。 大人になっても嫌いな物はあるでしょう。 それが少しなら、他の食材で栄養を補えばいいのです。 でも、嫌いな物が多過ぎると、やはり偏りが気になります。 子供の内から、ある程度何でも食べら[…]

子供の野菜嫌い

大人もそうですが、思い入れのある物は、特に大切にする。

作って間もない頃は、見る度に「キレイねぇ~、フフフッ」と微笑んでいたものです。
今ではさすがに櫛を見て微笑むことは無くなりましたが、変わらず大切に扱ってくれていますよ。

スポンサーサイト

櫛もキラキラも全部100均だけで、手軽に揃える

前に使っていた櫛の櫛先が取れて歯抜け状態だったので、買い換えるタイミングでデコ櫛にしました。

と、言っても、櫛本体もキラキラ素材も全て、セリアやダイソーで揃えた物です。

高価な物で作らなくても良いです。

ちゃんと髪がとけて、自分の物として大事にしてくれれば。

100均キラキラシール

使った後の写真なので、バラバラです。

シールになっていないキラキラ素材も含まれています。

100均に行った時に、娘が自分で選んだ、お気に入りのキラキラたち。

選ぶ段階から一緒にすることで、より「大切な自分の物感」が高まります。

大きな物は、個別のシールになっていますが、小さいラインストーンやパールは、横1列全て透明の樹脂のようなもので、バラバラにならないようにくっついています。

小さい物は、1つ1つ貼ると大変なので、繋がっているとすごく楽に貼りやすいですね。

ピンセットなんて、不要です。

使わない分は、簡単に手で千切れるので、必要分だけ使用できます。

貼るだけだから、幼児でも簡単に作れる

「どんな風に貼る?」と、デザインを先に何となく決めておきました。

思うまま自由に。

でも良かったのですが、櫛の枠からはみ出たら、すぐに剥がれてしまうので、注意が必要だったのと、迷わず貼れる、配置を考えることでちょっと統一感をもたせることができるかな、と思ったのが理由です。

私は、ほんのちょっぴりサポートをする位です。

どの順番でやるとキレイに貼れるか、ラインストーンの不要な所を切る、はみ出そうな所を注意する、のみ。

ほぼ本人任せ。

シールになっていないキラキラ素材は、100均のプラスチック系にも使える接着剤を使用しました。

キラキラデコ櫛

キラキラデコ櫛全体

ペタペタ貼るだけなので、工作的な感覚で楽しそうに作っていましたよ。

大きめのキラキラ素材は、形も大きさもバラバラなので、なるべく隙間が空かないように工夫していました。

シールがすぐに取れてくるかな、と心配していましたが、作ってから2年位経っても取れずに、意外と丈夫で長持ちしています。

材料から選び、工夫して貼って作った、世界で1つだけのキラキラデコ櫛。

「物を大切に」の精神を育みつつ、今日も大切に使っていますよ。

まぁ、櫛はともかく、もうちょっと早く支度しないと、髪の毛を結ぶ時間もないのが難点でして。

て、言うか、もうそろそろ、自分でやってくれないかな~(^_^;)

らいすでした。

スポンサーサイト
100均キラキラシール
最新情報をチェックしよう!